ユニクロのダウンを家で洗う!手洗いVS洗濯機で徹底比較&保管方法

ユニクロのダウン

こんにちは。宅クリ編集部のなみです。
冬場に欠かせないアウター、中でも寒い時期にはダウンは外せないアイテムですよね。

特にユニクロのウルトラライトダウンは、軽くてコンパクトになるのでわが家でも重宝しています。お値段がお手頃なのも嬉しい!みなさんも一家に一着はあるのではないでしょうか?

ユニクロのダウン

でも、いつも悩むのがダウンのクリーニング。クリーニング店に出すと結構高くついてしまいます。クリーニングの白洋舎に出す場合で調べてみるとドライクリーニングで2000円(※税別。2018年5月現在)でした。

ユニクロのダウンは1万円以下で購入しているので、クリーニングに2000円はもったいない…というのが正直なところ。だってクリーニングに3~4回出せばユニクロのダウンを買えるくらいの金額になってしまいますからね。

ダウンクリーニング代

そこで今回はユニクロのダウンを家で洗ってみることにしました!こういうデリケートなアイテムは手洗いが基本だとは思いますが、洗濯機を使った洗いにもチャレンジします。ユニクロのダウン2着を使って、手洗いと洗濯機洗いを徹底比較しちゃいますよ~!

少しでも家事をラクにしたいという同志のみなさん(笑)ぜひご覧くださいね。
ダウンを長く愛用するための保管方法も紹介しています。ぜひチェックを!

~ 目次 ~
1. 失敗を防ぐ!ダウンを家で洗濯する前に気を付けたいこと
 └・洗濯表示を確認しよう
 └・ダウンに使われている羽毛と特徴
 └・高級なダウンも家で洗える?
2. いよいよユニクロダウンの洗濯へ!事前準備もぬかりなく
 └・洗濯に必要なアイテム
3. やさしく洗うならコレ!ユニクロのダウンを手洗いする方法
 └・手洗いの手順
4. 手軽で簡単!ユニクロのダウンを洗濯機で洗う方法
 └・洗濯機洗いの手順
 └・ユニクロダウンの手洗いと洗濯機洗いを終えて
5. 自然乾燥だけで大丈夫?乾燥機も使うべき?ユニクロのダウンで試してみました
 └・自然乾燥でダウンを乾かす
 └・コインランドリーの乾燥機を使う
 └・ユニクロダウンの乾燥を終えて
6. ダウンはどう保管する?気を付けたい5つのポイント
7. 長く着るために知っておきたい!日々のダウンのお手入れ方法
8. ダウンをクリーニングに出すメリットは?
9. まとめ
 └・ユニクロのダウンは洗濯機でも問題なく洗えました!
 └・ユニクロダウンを家で洗う時のポイント

1. 失敗を防ぐ!ダウンを家で洗濯する前に気を付けたいこと

・洗濯表示を確認しよう

ダウンのアウターを家で洗う前に確認しておきたいのが「洗濯表示」。服のサイズなどが記されているタグに、洗濯表示も記されているので必ずチェックしてくださいね。

<家で洗える表示はこちら>

家で洗える旧洗濯表示

家で洗える新洗濯表示

<家で洗えない表示はこちら>

家で洗えない洗濯表示

「家で洗えない表示」の場合は、家で洗わずにクリーニング店におまかせするのが安心。特殊な素材が使われている可能性があります。「家洗いで失敗して着られない状態になってしまった…」なんていうことにならないように、表示の確認は必ずしておきましょう。

・ダウンに使われている羽毛と特徴

みなさんは「ダウン」がどんなものかご存知ですか? 私は恥ずかしながら「水鳥の羽根のこと?」という程度でまったく知りませんでした。

でもダウンについて調べたら「羽根」ではなく「羽毛」のことを指すことが分かりました。ダウン=羽毛なので、フワフワした綿毛なんです!

ダウンは水鳥の胸に生えている柔らかい羽毛で、1羽から5~10g程度しかとれないそうです。軽くてたっぷり空気を含むことができ、吸湿性&発散性にも優れています。

羽毛

よくイメージされる“鳥の羽根”の形状をしたものはダウンではなく「フェザー」に分類されます。今回洗うユニクロのダウンは90%のダウンと、10%のフェザーで構成されています。フェザーは羽根の軸があるため弾力性がありますが、保湿性はダウンに劣るそうです。

羽

ちなみにダウンに使われる水鳥は「ダック(アヒル)」「グース(ガチョウ)」の2種類。グースの方が大きいので羽毛のサイズも大きく、(産地にもよりますが)グースダウンの方が良質とされています。

グース

アウターのダウン以外に羽毛が使われているものと言えば「羽毛布団」。羽毛布団というのはダウンが50%以上のものを指すそうですよ。フェザーが50%以上のものは「羽根布団」に分類されるそう。知らなかった~! と、話がそれてしまいましたが、ダウンのことをお分かりいただけたでしょうか。

・高級なダウンも家で洗える?

高級なダウンもまずは洗濯表示をチェック!ダウンやフェザー自体は水洗い可能かもしれませんが、生地やパーツに水洗い不可の素材が使われている可能性もあるので要注意ですね。

また、洗濯前のような着心地を再現できるかどうかも不明です。家での洗濯は品質が損なわれる可能性もあるので、リスクがあることを理解した上で慎重に行いましょう。

ダウンアイテムで有名な「カナダグース」の日本公式サイトでは「家庭での洗濯は非常に難しいため専門のクリーニング店へご依頼ください」と書かれていました。

カナダグースダウンの取扱いに関する回答
URL http://www.canadagoose.jp/guide/faq#guide7

大切なダウンはダウンの洗濯に慣れたクリーニング店に依頼するのが一番良さそうですね。

2. いよいよユニクロダウンの洗濯へ!事前準備もぬかりなく

お待たせしました!ここからユニクロダウンを洗っていきますよ。
ちなみにこれが今回洗うユニクロのダウンの洗濯表示。ふたつとも「手洗い」「30℃」「中性洗剤」の表示でした。

ユニクロダウンの洗濯表示

ユニクロダウンの洗濯表示

クリーニング店での洗濯が推奨されていますが、水洗いは可能ということで、家でも洗えることが分かりました!

・洗濯に必要なアイテム

<必ず用意したいもの>

・専用の洗剤
家で洗うことができるダウンは洗剤選びがポイント。羽毛はアルカリ性に弱く、羽の脂質が溶けてしまうので、必ず中性洗剤を使います。ダウン専用洗剤か、おしゃれ着洗い専用の洗剤、花王の「エマール」やライオンの「アクロン」を使いましょう。

おしゃれ着洗い専用洗剤

・柔軟剤
柔軟剤はその名のとおり、衣類をふんわり柔らかく仕上げるのに効果的。すすぎのタイミングで使います。洗濯じわの軽減や静電気防止にも効果があるので、用意しておきましょう。

柔軟剤

 

・ハンガー
ダウンを干す時に使います。早く乾かす&ハンガーの型を付けないために、立体的なハンガーがおすすめです。

ハンガー

<必要に応じて用意するもの>

・スポンジ、洗濯ブラシ
部分汚れがある時は、スポンジやブラシを使って部分洗いをしておくときれいに仕上がります。

・洗濯ネット
他の洋服と一緒に洗う場合は、洗濯ネットを用意。袖などの絡まりを防止します。

・洗い桶、洗面器
子供用のダウンなど、コンパクトなものなら洗面器で洗うのがおすすめ。

洗濯ネット・洗い桶

3. やさしく洗うならコレ!ユニクロのダウンを手洗いする方法

まずはデリケートなアイテムの洗い方の定番「手洗い」。 エマールのサイトにダウンの洗い方が紹介されていたので、参考にしながら洗ってみます。

エマールのサイト:http://www.kao.co.jp/emal/dictionary/other/#down-jacket

・手洗いの手順

①部分汚れを落とす
袖や襟など汚れた部分を濡らし、汚れに中性洗剤を直接かけて、スポンジでやさしくこすりながら洗います。

部分汚れを落とす
エマール原液を直接かけたところ

スポンジで汚れ部分をこする
スポンジで汚れ部分をこすります

②洗面台に水をため、中性洗剤を入れる
中性洗剤はパッケージの表示に合わせた量を入れます。
※洗面台で洗えないサイズの場合は、浴槽や洗濯槽(縦型洗濯機の場合)に水をためて洗います。

エマールを入れる
水4Lに対してエマールを10ml入れました

③ダウンを入れて優しく押し洗い

押し洗い

エマールの動画では20~30回とありましたが、なかなか水が浸透せず…。倍以上は押し洗いをしました。時間は5分程度です。

④軽く脱水

水気を切る

軽く押し、水気を切った程度です。

⑤もう一度水をため、押してすすぐ

推しすすぎ

とりあえず、エマールの動画に倣って20~30回押してすすぎましたが、ちゃんと洗剤が落ちたかが不安だったのでトータル40~50回押してすすぎました。さらに水を全体にかけて泡が出ないかチェックしました。

⑥軽く脱水
再度、軽く押して水気を切ります。

⑦再度水をため、柔軟剤を入れて押してすすぐ。

柔軟剤を入れて押しすすぎ

柔軟剤は水4Lに対して5mlに。今回のすすぎは20~30回程度押してすすぎました。

⑧軽く脱水し、洗濯終了

軽く脱水

手で押さえて軽く脱水しましたが、水分を含んでいるので重たいです。ダウンはぺしゃんこになりましたが、ダウンの羽毛の片寄りは触っただけではよく分かりませんでした。

「5」の乾燥の工程へ続きます!>>

4. 手軽で簡単!ユニクロのダウンを洗濯機で洗う方法

続いて洗濯機を使って洗います!

・洗濯機洗いの手順

①水を吸わせて脱水
洗剤のなじみを良くするために、最初にダウン全体を濡らします。全体が濡れたら軽く脱水を。

水を浸透させる

ダウン全体を濡らそうとすると表面が水を弾いてしまうし、なかなか羽毛のところまで濡れないので大変!ダウンの空気を出すように押したり揉んだりすること約5分。やっと全体的に水が浸透しました。

軽く脱水
軽く脱水したところ

②汚れた部分に中性洗剤をなじませる
襟・袖など、汚れた部分に中性洗剤を垂らして指でなじませます。

中性洗剤をなじませる

目立った汚れはなかったものの、直接肌にふれる首や手首の部分を中心に洗剤をつけてなじませました。

③洗濯機で洗う
チャック・ボタンを閉めて、洗濯機に入れます!コースはドライコース(手洗い・おうちクリーニング・ソフトコースなど、洗濯機の機種によって異なります)を選びます。

中性洗剤をなじませる

家の洗濯機はドライコースがあったので、ドライコースを選択。

ドライコース

水40Lなのですがエマールを50ml投入。柔軟剤は20ml投入しました。

④洗濯終了

中性洗剤をなじませる

洗濯機で脱水しているので、すでにふんわり軽くなっていました。早く乾きそうな手触りです。羽毛の片寄りは特に分かりませんでした。

「5」の乾燥の工程へ続きます!>>

ユニクロダウンの手洗いと洗濯機洗いを終えて

ユニクロのダウンを手洗いと洗濯機で洗ってみましたが、どちらもダウン全体を濡らすのが大変でした。なかなか水が中まで浸透しないので、やさしく押しているだけだと進みません…。中の空気を抜くように押しながら圧力をかけると水が浸透していくのですが、ダウンへのダメージが気になりました。

手洗いに関しては、どこまですすいだら良いのかに悩みました。泡が出ないところまですすぎましたが、ちゃんと洗剤が落とせただろうかと不安が残りました。また脱水も「軽く脱水」というのがどの程度なのかが不明で、弱めの脱水に留めてしまいました。

洗濯機洗いは最初に全体を濡らすのが手間ですが、後は洗濯機にお任せできるのでラクでした。脱水はしっかりできていましたが、その分羽毛にダメージが無いかが気になりました。

5. 自然乾燥だけで大丈夫?乾燥機も使うべき?ユニクロのダウンで試してみました

洗い終わったら次は乾燥!ダウンのふんわりした感じは家洗いでもキープできるのか!?検証していきたいと思います。

・自然乾燥でダウンを乾かす

最も簡単かつラクな方法は自然乾燥。日焼け・色あせを防ぐために、ハンガーにかけて陰干しをします。ハンガーは早く乾くように立体的なタイプを使用するのがオススメです!

・自然乾燥1日目(干した直後)

 ※5月のお昼ごろにベランダに干しました。

【手洗いしたダウン】

干した直後

手洗いしたダウンは手で脱水したものの、ハンガーにかけると水がポタポタ落ちてくる状態。乾くのに時間がかかりそう…。

【洗濯機洗いしたダウン】

干した直後

洗濯機洗いしたダウンはすでに軽く、干して少しすると表面の色が乾燥した色に変わってきました。ただし!出かかっていた羽根がさらに飛び出ていることを発見…。もしかして洗濯機の脱水が原因!?

羽根がとびだしている

・自然乾燥1日目(4時間後)

【手洗いしたダウン】

手洗いしたダウン

手洗いしたダウンは下2/3くらいがまだ濡れていました。室内に取り込み、干し続けます。

【洗濯機洗いしたダウン】

洗濯機洗いしたダウン

洗濯機洗いしたダウンは全体が乾きました!羽毛の片寄りも、触った感じでは特になさそうです。念のため室内でも干し続けます。

・自然乾燥2日目

手洗いしたダウンを朝から午前中いっぱい、ベランダで陰干しをしました。朝は袖口やウエスト部分が濡れていましたが、しっかり乾きました。洗う前についていた汚れもきれいに落ちています!

手洗いしたダウン

ふたつのダウンを畳んで厚さを計ってみたところ、洗う前とくらべると若干ペシャンとしているように見えますが、ほぼ同じ厚さになっていました。

【手洗いしたダウン】

手洗いしたダウン 洗う前・後

【洗濯機洗いしたダウン】

洗濯機洗いしたダウン 洗う前・後

・コインランドリーの乾燥機を使う

ダウンはコインランドリーの乾燥機を使うとふんわり感が取り戻せるというので、コインランドリーの乾燥機を使ってみることにしました。
※10分間中温で乾燥をします。

洗濯機洗いしたダウン

取り出してみると、前よりもふっくらした感じになりました! 乾燥機で温かくなっているので気のせいかも…とも思ったのですが、持ち帰るためにエコバッグに入れてみると、持ってきた時よりもエコバッグがパンパンになり、ふっくらしたことを実感できました。

持ち帰ってから写真を撮ってみたので、出す前と比較してみます!

【手洗いしたダウン】

手洗いしたダウン 乾燥機使用前・後

【洗濯機洗いしたダウン】

洗濯機洗いしたダウン 乾燥機使用前・後

折りたたんで厚さを計ってみると、どちらも1cm程度厚さがアップしていました!ダウンがふっくらした効果か、生地表面のシワも少し目立たなくなりました。

・ユニクロダウンの乾燥を終えて

今回、手洗いも洗濯機洗いも自然乾燥で乾かしてみました。手洗いしたダウンは脱水の加減が分からず、ハンガーにかけたら水がポタポタ落ちてくる状態。手洗いのダウンが乾いた後、表面を見たら、ところどころに水がしたたり落ちたような跡がついてしまっていました!

すすぎの時に使った柔軟剤が浮き出てしまったのででしょうか?縦に水がしたたり落ちた跡が…。

ダウン表面

跡がついてしまった部分は表面を水を含ませたスポンジで拭き、タオルでポンポン叩いて水気を取り再度乾かしましたが、とっても手間でした(涙)。

手洗いをする場合も、脱水はしっかりした方が良いと痛感。手洗い後の脱水は洗濯機の脱水を使っても良いと思います。

仕上がりに関しては、自然乾燥だけでも問題はないと思います。でも長期保管をする前はできるだけ湿気の無い状態にしたいし、本当に中まで乾いたか不安もあるので、乾燥機を利用した方が良いと思います。

今回初めてコインランドリーの乾燥機を使いましたが、10分かけるだけでフワフワ感がアップし、シワも目立ちにくくなりました。乾燥機の利用はかなりおすすめです!

利用したコインランドリーは乾燥10分で100円。少し手間とお金はかかりますが、乾燥機にかけるメリットは大いにあると実感できました!

コインランドリー

6. ダウンはどう保管する?気を付けたい5つのポイント

寒い時期にしか出番のないダウンのアウター。暖かくなったら、洗濯・クリーニングをしてからクローゼットや押入れで長期保管という方が多いのではないでしょうか。

ダウンの保管方法について、気を付けたいポイントをチェックしておきましょう!

ダウン

①ハンガーにかけて保管する

ダウンの保管で大切なのは、羽毛をつぶさないようにすること。畳んだり、袋に入れたりすると羽毛がつぶれてしまうのでNGなんです。

ユニクロのダウンはコンパクトに収納できる小さな袋がついていたりしますが…それに入れて保管するのはやめておきましょう!
羽毛のふっくら感をキープするためには、ゆったり、畳まずに保管するのがベスト。ハンガーにかけて保管しましょう。

②不織布カバーでほこりから守る

不織布カバー

ダウンにほこりがかぶらないように不織布のカバーをかけておくのがおすすめ。「クリーニングから返ってきた時のビニール袋をそのままかけておけば大丈夫!」と思うかもしれませんが、ビニールは通気性が悪く、カビの原因になりやすいのでやめましょう。

③湿度が低く、光の当たらない場所で保管

保管場所は、湿度が低く、光が当たらない場所を選びます。クローゼットや押入れなど、退色の心配のない場所で保管しましょう。ただしカビが生えないように、湿気対策もしっかりと。

④防虫剤を使う

防虫剤

衣類の大敵は虫食い!せっかくの服を台無しにしないためにも、防虫剤を忘れずに。

⑤夏に陰干しをする

数カ月クローゼットに保管したままにしておくと、カビやニオイのリスクが。できれば夏に1~2回陰干しをしておきましょう。ダウンの出番になった時に気持ち良く着ることができますよ。

<ダウンの長期保管のまとめ>

  • ハンガーにかけて保管する
  • 不織布カバーをかぶせる
  • 湿気が少なく、光が当たらない場所に保管する
  • 防虫剤を使う
  • 夏に1~2回陰干しをする

7. 長く着るために知っておきたい!日々のダウンのお手入れ方法

ダウン

・羽毛や羽根が出てきたら抜かずに戻す

ダウンを長く着るために、毎日のお手入れでもちょっと気を付けたいポイントがあります。それは、羽毛(ダウン)や羽根(フェザー)が出てきてしまった時に、引き抜かないということ。

ダウンの縫い目や表面からピコっと出た羽毛や羽根…。引き抜きたくなりますが、ぐっと我慢!引き出さずに内部に戻すのが鉄則です!

引き抜くと穴がさらに大きくなり、羽毛や羽根が出てきやすくなるので気を付けましょう。

・脱いだらハンガーにかける

ダウンを脱いだ後はハンガーにかけておきます。ダウンのふっくらした質感を保つには羽毛をつぶさないようにするのが大切。小さく畳んだり、上に他の服をのせたりしないよう注意しましょう。

・雨や汗で濡れたらしっかり乾かしてから保管する

ダウンを着用している時に雨や汗で濡れてしまったら、しっかり乾かしてから保管するのが鉄則。濡れたままにしておくと、イヤな臭いやカビの元になってしまいます。

水たまり

8. ダウンをクリーニングに出すメリットは?

洗濯表示によっては家でも洗えるダウンアイテム。それでもあえてクリーニングに出す場合のメリットについて考えてみます。

クリーニングに出すメリットは、プロがしっかりとクリーニングしてくれる、クリーニング店に出すだけと手間いらず、という点が大きなポイントを占めるのではないでしょうか。

「自宅で洗うのは手間がかかるし、失敗してダウンの着心地が悪くなったら嫌だ…」という方はクリーニング店に任せるのがおすすめです。

また自宅洗いのダウンを自然乾燥で乾かそうとすると、天候も気にしなくてはいけません。洗いたいタイミングに天気が悪いと、なかなか洗濯に踏み切れず、どんどん洗濯が先延ばしになってしまうことも。お天気を気にせず、クリーニングしたいと思った時にすぐにクリーニングに出せるのもクリーニング店に出すメリットですね。

てるてるぼうず

宅配クリーニングなら、集荷もしてくれるのでクリーニング店まで行く手間さえも省けます。衣類の長期預かりサービスを行っている宅配クリーニングを選べば、衣類保管に適した場所で次のシーズンまで預かってもらえるので一石二鳥!

全国の主婦に人気の宅配クリーニング店は?>>

宅急便

ただし、クリーニング店にダウンのアイテムを出す場合は、ダウンのクリーニングに慣れたお店に出すことをおすすめします。ダウンの扱いに慣れていないお店に出すと“ふくらみが再現されずぺしゃんこで戻ってくる”というトラブルが起きる可能性もあるそうなのでご注意を。事前にホームページや問い合わせで確認しておくと安心ですね。

クリーニング店でダウンを洗ってもらうにはそれなりにお金がかかりますが、プロに任せる安心感と手間がかからないのは魅力!最終的には「手持ちのダウンにどこまでクリーニング代を払えるか」ということになりますが、ちょっと奮発して買った高級なダウンは、プロのクリーニング店に任せて大切に着るのが良いかなと思います。

9. まとめ

・ユニクロのダウンは洗濯機でも問題なく洗えました!

ダウン

今回ユニクロのダウンを家で「手洗い」と「洗濯機洗い」をしてみましたが、洗濯後の仕上がりで大きな違いは感じられませんでした。

洗濯機はダメージが心配でしたが、洗う前に少し飛び出ていた羽根がさらに出てきてしまったのを発見した程度。 ダウンの片寄りも、触った感じでは手洗いと違いが分かりませんでした。
自然乾燥後のダウンの厚みの戻りも、手洗いと洗濯機洗いで変わりはありませんでした。

今回は手洗いしたダウンの脱水の加減が分からず、ダウン表面に水のしずくの跡が残ってしまうというトラブルがあり、家洗いの難しさを痛感…。
手洗いなら衣類へのダメージが少ないだろうと思っていましたが、思わぬところで失敗してしまいました。

私のように手洗いで失敗する方は少ないかもしれませんが…、やはり洗濯機を使う方がラクだと思いました。仕上がりも大差がないので、ユニクロのダウンなら家の洗濯機で良し!というのが私の感想です。

今回の体験がユニクロのダウンの洗濯をどうするかお悩みの方の参考になれば幸いです。
宅クリ編集部のなみでした!

・ユニクロのダウンを家で洗うポイント

  • クリーニング店での洗濯が推奨されているが自宅でも洗濯可能
  • 洗剤は中性洗剤(ダウン用洗剤・エマール・アクロンなど)を使用する
  • ダウンへのダメージを極力減らしたい場合は手洗いが安心
  • 手洗い後はしっかり脱水する(脱水に洗濯機を利用するのもあり)
  • 洗濯機のドライコースでも洗える
  • 自然乾燥(陰干し)でOK
  • しっかり乾かしたい場合、ふかふかにしたい場合は乾燥機利用がおすすめ

宅配クリーニング

宅配クリーニング
人気の料金比較ランキング
メニュー