マウンテンパーカーの洗濯方法!洗濯機で洗うポイントも紹介

マウンテンパーカーの洗濯方法!洗濯機で洗うポイントも紹介

マウンテンパーカーは登山やアウトドア、野外イベントに欠かせないアウターです。
もともとアウトドア用に作られた衣類なので、雨風を凌ぐための撥水・防水加工が施されていたり、防風機能を兼ね備えていたりします。だからこそ、洗濯方法に悩む人も多いのではないでしょうか。

今回は、マウンテンパーカーの洗濯方法や洗濯機で洗うポイントなどを説明していきます。

~ 目次 ~
1. マウンテンパーカーの洗濯方法は?【洗剤の選び方と洗い方のポイント】
2. マウンテンパーカーを洗濯機や手洗いで洗う手順は?
3. マウンテンパーカーを洗濯する頻度やクリーニングに出す基準は?
4. まとめ

マウンテンパーカーの洗濯方法は?【洗剤の選び方と洗い方のポイント】

マウンテンパーカーは他の衣類と比べて耐久性に優れています。
しかし、いざ洗濯するとなると、手洗いするべきなのか洗濯機で洗って良いのか判断に迷いますよね。
ここでは、マウンテンパーカーの洗濯方法について解説します。

素材や洗濯表示を確認する

マウンテンパーカーを洗濯する前に、まずは素材や洗濯表示を確認しておきましょう。
一般的なマウンテンパーカーはナイロンやポリエステルの素材で作られている物が多く、「洗濯機可」あるいは「手洗い可」の表示がある製品も少なくありません。

これらの表示がある製品であれば、自宅で洗濯することが可能です。
その反面、ナイロンやポリエステルは高熱に弱い性質をもつため、乾燥機にかけると縮んだり生地を傷めたりする恐れがあります。
また、漂白剤や柔軟剤は素材表面に施された特殊加工の機能を低下、色落ちさせる場合があるので使用は避けましょう。

マウンテンパーカーは専用洗剤や中性洗剤で洗う

マウンテンパーカーは、普段の洗濯で使用する家庭用洗濯洗剤で洗うことは推奨されていません。
洗剤に含まれる界面活性剤や漂白剤、柔軟剤が素材にダメージを与える可能性があるからです。
市販の洗剤を選ぶのであれば、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用しましょう。

あるいは、防水ウェア専用洗剤を用いるのが望ましいです。
専用洗剤であれば、撥水・防水などの機能を低下させることなく汚れを落とせます。
洗剤成分が生地に残留すると各機能に影響を及ぼすため、液体洗剤かしっかり溶かした粉洗剤を使ってください。

マウンテンパーカーを洗濯機や手洗いで洗う手順は?

洗濯表示の確認と洗剤の用意が済んだら、いよいよ実際に洗濯していきます。
マウンテンパーカーを洗濯する手順をみていきましょう。

【洗濯機】マウンテンパーカーは手洗いコースで洗う

破損予防のため、ファスナーやボタン、ポケット、ベルクロなどは全て閉じるようにします。
ゴム類は軽く緩め、フード付きの物は汚れが落とせるように外に出しておきます。

マウンテンパーカーを洗濯機に入れる際は必ず洗濯ネットに入れ、汚れが酷い、また色落ちの危険がある衣類とは一緒に洗濯しないでください。
洗濯機の水は40℃以下のぬるま湯を用い、洗剤の量を少なめにして「手洗いコース」や「短時間コース」で洗います。
すすぎをしっかり行い、洗剤が残っていないことが確認できれば完了です。

【手洗い】マウンテンパーカーは手洗いコースで洗う

手洗いする場合も、気を付ける点は洗濯機で洗う時と同じです。
バケツや浴槽にぬるま湯を入れ、洗剤を加えてよく混ぜたところにマウンテンパーカーを浸します。 ゴシゴシと擦ったり揉み洗いしたりせず、押し洗いがベターです。

もし、汚れが目立つ箇所があれば、柔らかい布やスポンジで軽く擦って落としてください。
首もとや袖口は特に汚れやすいため念入りに洗いましょう。

撥水剤を使用する場合は、すすぎをしっかりと行った後、ぬるま湯に溶かしてからマウンテンパーカーを10分程度つけ置きしておきましょう。
最後にしっかりとすすいで完了です。

バスタオルで脱水&陰干しする

マウンテンパーカーを自宅で洗濯する場合、基本的に脱水機や乾燥機は使用してはいけません。
しかし、防水透湿素材のゴアテックスにはドライクリーニングが可能な製品もあります。 洗濯表示を確認して問題なければ、脱水機や乾燥機にかけてください。

通常のマウンテンパーカーは、すすぎが終わったらバスタオルに包んで水分を拭き取り、風通しの良い日陰に干します。

撥水性を回復するのにアイロンがけも有効です。
洗濯表示にアイロンマークがあれば、低温・スチームなしの設定にして当て布の上からアイロンをかけます。

マウンテンパーカーを洗濯する頻度やクリーニングに出す基準は?

洗濯によるマウンテンパーカーの劣化を恐れ、使用後に長期間洗濯しないで保管してはいませんか?
確かに、洗濯を重ねることで素材の摩耗が生じて撥水性が低下したり劣化したりする場合があります。

しかし、それは長く着用していればどんなに高価な製品でも、ある程度は仕方のないことです。
雨に濡れた状態、あるいは汚れが付着したまま洗濯をしないことの方が、劣化を早める可能性が高くなります。
従って、マウンテンパーカーは濡れたら乾かす、汚れたらすぐに洗うのが望ましいです。 そうでなくとも、汗や皮脂、雑菌などが付着しているため、マウンテンパーカーは着るたびに洗濯した方が良いです。

「洗濯機可」「手洗い可」の表示がない場合は自宅で洗濯をせず、クリーニングに出してください。
また、どうしても落ちない汚れや臭い、シミなどがある場合も、クリーニング店に相談することをおすすめします。

まとめ

マウンテンパーカーを洗濯する時は、製品ごとの洗濯表示に従うことが基本となります。
自宅で洗濯する場合は、今回説明した手順やポイントを参考に洗ってください。

ただし、愛用している物だから失敗したくない、自分で洗うのは不安という方は、クリーニングに出しすことを検討してくださいね。

宅配クリーニングが初めての方

安い宅配クリーニング

宅配クリーニングの保管

布団クリーニング

宅配クリーニング-スーツ・ズボン

安い宅配クリーニング 宅配クリーニングの保管 布団クリーニング 宅配クリーニング-スーツ・ズボン

宅配クリーニング

宅配クリーニング
人気の比較ランキング
メニュー