革ジャンは自宅で洗濯?クリーニングに出す?自宅でのお手入れ方法のまとめ

革製品のお手入れについて

男の人が特にハマるアイテム、革ジャン。独特の味があって、渋くてカッコイイですよね! でも、革のアイテムって、なんだか洗濯が難しいイメージがありませんか?

クリーニングに出せば話は早いのですが、もし自宅で洗濯できるのであれば、クリーニング代の節約になって助かる、というのが本音だと思います。

そこで今回は、意外と知られていない革ジャンのお手入れ方法について、ご紹介します。

革ジャンは自宅で洗えるけど…注意事項はいっぱい!

革ジャンの他にも、革製品はいっぱいありますよね。革靴、革のかばん、革手袋、革のお財布、革のベルト、革の帽子……。

結論からいうと、それらはすべて自宅でお手入れができます。意外ですよね!

ただし、注意点がたくさんあります。すべてが重要なポイントなので、一つずつしっかりと確認していきましょう。

革ジャンを自宅で洗う際の注意点

その1 必ず革専用の洗剤を使うことと、その使用方法を守ること

ネットを見ると、「おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)で革ジャンを洗えた!」という情報を目にします。

しかし、革はとてもデリケートなので、クリーニング屋さんでも場合によってはクリーニングを断られることもあるくらいです

自宅で洗う際は、「革専用の洗剤」を購入し、その使用方法をしっかりと守るようにしてください。

*…革の縫い目が複雑な場合や、数種類の革が組み合わさっている場合、革製品は取り扱い不可な場合など

その2 革が濡れている状態で熱をかけない

濡れている革は、熱にとても弱いです。アイロンは必ず低温にしてくださいね。さらに、霧吹きで水をかけたり、スチームをつけたままのアイロン掛けは厳禁です。

また、一番こわいのは、乾燥機! 熱風によって大切な革ジャンが縮んでしまいますので、気をつけましょう。

その3 スエード(裏革)は水分厳禁

革製品には、本革とフェイクレザーがありますが、本革の裏面、いわゆるスエード地には、水分をつけてはいけません。

スエード地は、ブラッシングと専用クリームなどでのお手入れが基本となりますよ。

その4 次のような場合は無理せずクリーニングへ

 

・手洗いやおしゃれ着洗いなどのデリケートな洗い方に慣れていない場合

・色が2色以上使われている製品の場合

・特殊なシミがある場合

以上の場合は、自宅で洗うと型崩れ、色落ち、縮みなど失敗の原因となりますので、プロにお任せしましょう。

※…素材や程度によっては受付不可となる場合もあります。

ちなみにこの革ジャン、どこのクリーニング店でも受付てもらえるのか調べてみたところ、「革製品は取扱い不可」としているクリーニング店がほとんどでした。

そんな中、取扱い可能な宅配クリーニング店を見つけました。「リネット」です。リネットは丁寧な仕上がりが自慢の宅配クリーニング店。

仕上がりの早さも魅力の1つとなっているリネットですが、革製品はより丁寧な技術が必要となるため、最短で3週間後のお届けとなります。ただし、洗濯表示がないものや、海外洗濯表示のものは受付不可としていますのでご注意ください。

その他にも注意点がありますので、リネットの公式ホームページで確認してみてください。

リネットの公式ホームページ

革ジャンの洗い方

注意点に気をつけた上で、自宅で革ジャンを洗濯する方法をご紹介します。

基本は、洗剤を水で薄めた液に布をひたし、その布を絞って表面をふき洗いするという方法になります。

詳しい手順や洗剤の量などについては革専用洗剤の使用方法を参考にしていただきたいのですが、共通するポイントもいくつかあります。

その1 水温について

先ほどもご説明したとおり、濡れた革は熱に弱いので、熱湯はNGです。たとえぬるま湯でも縮みの原因になりますので、ご注意を!

その2 柔軟剤の使用について

市販の柔軟剤はNGです。洗剤と同様に「革専用の柔軟剤」が売られていますので、そちらを利用してくださいね。

その3 干し方について

基本は、室内干し・陰干し・平干しを心がけましょう。日光の熱さで革にヒビ割れが起こってしまうこともありますので、ご注意くださいね。

普段からできる革ジャンのお手入れとは?

革ジャンは、そもそも「洗う」のに向いている衣類とはいえません。

理想は、洗濯が必要ないくらいにキレイな状態をキープすること。そのためには、普段のお手入れが大切です。

・一日着たら、乾いた布で表面のほこりを落とすようにふき洗いすること。

・革製品はとくに湿気に弱くカビ菌が繁殖しやすいので、風通しの良い場所にかけて衣類を冷ますこと。

菌は、衣類についた人間の温もりを好みますので、脱いですぐクローゼットへ、というのはおすすめできません。 もちろん、湿気対策、温度管理は、普段からしっかりと行ってくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 想像していたとおり、革ジャンのお手入れ方法はなかなかハードルが高かったですね。

けれど「手のかかる子ほど可愛い」ではないですが、お手入れ方法が複雑だからこそ、余計に愛着が持てるアイテムかもしれませんね。

ぜひ、お気に入りの革製品をお持ちのかたは、注意点には十分気を付けながら、ご自宅でのお手入れに挑戦してみてくださいね!

宅配クリーニング

宅配クリーニング
人気の料金比較ランキング
メニュー