水着の正しい洗い方とは?

水着ってどうやって洗うのが正解?

もうすぐ夏がやってきますね。夏といえば、やっぱり海やプールに出かける方も多いと思います。

そんな季節ならではのお洗濯といえば、「水着」ですよね。皆さんは水着をどうやって洗っていますか?

いつも他の衣類と同じように洗っている方も、実は洗い方が分からなかったという方もいらっしゃることでしょう。

実は、水着の洗い方には気をつけるポイントがいくつかあります。ぜひ今回の記事を参考に、今年の夏からは正しく水着を洗濯してみましょう!

水着の特徴

水着は、わたしたちが想像する以上に複雑な衣類です。

いろいろな素材や生地が組み合わさっていますし、特に女性モノだとボタンやビジューなどの飾りがついていたりして、けっこう厄介なんですよね。

海やプールなどの特殊な環境で着用されるため、しっかりとした素材で作られているかと思いきや、意外にも繊細な洗濯物だといえるでしょう。

使った後にすべきこと

水着の正しい洗い方は、使った直後から始まっています。 プールや海で水着を使ったあとは、脱いだらすぐに真水で洗うようにしましょう。

なぜなら水着の生地は、プールの塩素や海の塩分に弱いからです。なので、濡れたままタオルにくるんで持ち帰るのはNGなんですよ。

また、プールのシャワールームなどに水着の水切りをしてくれる機械がありますが、それを利用する場合も、一度真水で洗ってからにしましょう。

そうしないと、水分は切れても塩素が水着に残ってしまいますので、家に帰るまで繊維がダメージを受け続けてしまいますよ。

おしゃれ着用洗剤を使おう

水着を洗う際の洗剤は、おしゃれ着洗剤(中性洗剤)を使うようにしましょう。

冒頭で「いろいろな素材や生地が組み合わさっている」という話をしましたが、だからこそおしゃれ着用洗剤をチョイスします。

これは普通のお洋服でも言えることですが、いくつかの素材が混ざった複合生地のお洋服があったときは、一番デリケートな素材に合わせて洗濯方法を決めるとよいですよ。

なので水着に関しても、一番デリケートな洗い方を選んで間違いはないでしょう。

基本は手洗いで

水着は、基本は手洗いです。

たらいや洗面器に溜めた水に適量の中性洗剤を入れ、水着をやさしく押し洗いします。

繊維の中の塩素や塩分を押し出すイメージで、浮かす→沈める→浮かす→沈めるを繰り返しましょう。

ただし、ビキニなどのブラジャータイプの水着はゆらし洗いがおすすめですよ。

ゆらし洗いとは、ブラジャーの肩紐を両手で持って、カップの部分を水中にくぐらせ、やさしく振って洗う方法です。

ブラジャーを押し洗いするとカップが崩れてしまうので、こちらの方が生地にやさしいですね。

「手洗いしている時間がない!」という人は、洗濯機を使いましょう。

水着は必ず洗濯ネットに入れて、デリケートコース(ソフト洗いコース、手洗いコース、ドライコース)で洗いましょう。

ちなみにブラジャー専用の洗濯ネットがあります。カップの形を守って洗えるのでおすすめですよ。100均にも売っているので、ぜひ探してみてください。

宅配クリーニング

宅配クリーニング
人気の料金比較ランキング
メニュー