洗ってるのにタオルが臭う原因

ホーム ≫ 洗ってるのにタオルが臭う原因

洗ってるのにタオルが臭う原因

洗ったばかりのタオルが臭い……! そんな経験はありませんか?

いわゆる生乾きのようなイヤ~な香り。でも、きちんと洗ったし、乾いてるのにどうして?と不思議に思っている方も多いことでしょう。

実はその臭いの原因は、生乾きではないかもしれませんよ。

今回は洗ってるのにタオルが臭う原因と、その予防&対策についてみていきます。

洗ったはずのタオルから生臭き臭が!その原因とは?

タオルの生乾き臭。その原因は、ずばり「菌」

正確にいうと、菌と呼ばれる微生物のフンが臭いの元となります。

まず菌が洗濯物に発生する原因には「生乾き」「汚れの放置」があります。

菌は水分や人の汗が大好物なので、濡れたバスタオルや汗をふいたフェイスタオルをそのままにしておくと、菌が住みつきます。

そして住みついた菌は繁殖を始めてしまうのです。 そんな菌の繁殖活動を助けてしまうのが「湿度」「温度」です。

菌はカビの一種であるため、程よく湿気があり、生温かい場所でどんどん増えていくという性質を持っています。

そのため、梅雨の時期の洗濯物や、人間が脱いだばかりの衣類などは絶好の繁殖場所なのです。

もちろんタオルが本当に生乾きであるため臭いが発生しているケースもありますが、多くの人が感じている

「きちんと洗って乾かしているのに臭い……」というケースについては、ほとんどがこの「菌のフン」が臭いの原因となっていますよ。

予防

タオルに菌が住み着いていて、そのフンから臭いがしているだなんて、想像しただけでもイヤな気持ちになりますよね。

そういう状況を作らないためには予防が肝心です。 ポイントは大きく3つあります。

①使用済のタオルを適当に放置せず、ハンガーなどにかけておくこと

②汚れた衣類はその日のうちに洗うこと

③一日着た服は風通しの良い場所につるすこと

①使用済のタオルを適当に放置せず、ハンガーなどにかけておくこと

使ったバスタオルをその辺に放置して、濡れたままにしていませんか?

 使用済のタオルは汗や水分を含んでおり、菌が大好きな場所です。バスタオルはその都度乾かすようにしましょう。

②汚れた衣類はその日のうちに洗うこと

洗濯機をまわすほど洗濯物が溜まっていないときは、衣類が汚れていてもすぐに洗えなかったりしますよね。

そんなときの裏ワザ。洗剤を溶かした水で、汚れた衣類を簡単にゆすぐだけでも汗が落ちるので、菌予防には効果的ですよ。

③一日着た服は風通しの良い場所につるすこと

アウターやズボンなどのこまめに洗わない服、脱いだまま放置していませんか?

一日着た服は温かいので、菌が発生してしまいますよ。軽く部屋干しして、湿気と温度を下げるようにしましょう。

殺菌対策

どんなに予防を心がけていても、生乾き臭がしてしまうことがあります。

特に梅雨時や悪天候が続いた日などはすぐにタオルが臭ってしまいますよね。

そんなときは殺菌対策によって、菌とおさらばしましょう!

対策① 酸素系漂白剤

1. たらいかバスタブに40~50℃のお湯をはり、粉末の酸素系漂白剤(※)を溶かす。(分量は漂白剤に表示されている分量を参考にしてください)

   ↓   

2. そこに衣類をつけ置きし、30分~2時間放置する。

   ↓   

3. 水かお湯で簡単にすすぎ、軽く絞ったら、普通の洗濯で一回まわす。

※酸素系漂白剤には殺菌効果があります。液体タイプよりも粉末タイプの方が効果が出やすいので、粉末がおすすめですよ。

対策② アイロン

菌は熱に弱いので、アイロンをかけるだけで殺菌になります。

方法は乾いた衣類にアイロンをかけるだけ。対策①で洗ったタオルも、乾かした後にアイロンをかけるとより確実な殺菌となりますよ。

また、アイロンの熱で目に見えない水分が蒸発するため、新しい菌の発生を防ぎます。

まとめ

いかがでしたか? タオルの臭いの原因はなかなか衝撃的ですが、予防や対策をすれば臭いをなくすことができそうですね。

お風呂上りに使うタオルが臭い方は、ぜひこれらの方法を試してみてくださいね。

宅配クリーニング

宅配クリーニング
人気の料金比較ランキング
メニュー