ワイシャツをお家で洗う時のポイントとコツ

ホーム ≫ ワイシャツをお家で洗う時のポイントとコツ

ワイシャツをお家で洗う時のポイントとコツ

ワイシャツはお家で洗っていますか? もしクリーニングに出しているという方がいたら、お家でも簡単に洗えますので、ぜひ挑戦してみましょう!

お家で洗えるかどうか見分ける方法

まずお家洗いができるワイシャツなのかどうかを見分けます。普通のワイシャツは綿やポロエステルが多いので、家でも問題なく洗えます。

ただし、高級なワイシャツになると、たまにクリーニング専用になることがあります。

見分けるには、衣類の裏側に付いているタグの取り扱い絵表示を見てみましょう。

そこの洗濯機のマークに×印がついていれば、水洗いができないということなのでプロに任せた方が無難です。

準備するもの

ワイシャツをお家洗いするためには、次のものが必要です。

  • 洗剤
  • 酸素系漂白剤(粉末がおすすめ)
  • 柔軟剤
  • 固形石鹸もしくは襟専用洗剤
  • 洗濯ブラシ

洗剤は、いつも使っているものでかまいません。酸素系漂白剤(なんだか難しい名称ですね)は、おそらくご家庭でいつも使っている漂白剤が酸素系だと思います。

もし家にあるのが液体タイプだったら、粉末タイプを準備された方がいいでしょう。もちろん液体タイプでも問題はないのですが。

えり・そでは石鹸で黄ばみ予防

早速ワイシャツを洗っていきましょう。まずは、全体に汚れがないか確認しましょう。

特にお腹らへんは食べ物のこぼし汚れがあるので注意してくださいね。

もし汚れていたら、洗濯機に入れる前に軽く手洗いするといいですよ。

それから、えり、そで、ワキなどの黄ばみ汚れがつきやすい部分に固形石鹸を塗りこんでいきます。

黄ばみは人の汗が酸化した汚れです。そのため目には見えなくても汚れは着実に蓄積していきます。

なので石鹸を塗ったら、繊維に入り込んだ汗を洗濯ブラシでかきだすイメージでブラッシングし、汚れを残さないようにしましょう。

洗濯ネットで保護して

ワイシャツを洗濯機で洗うときは、洗濯ネットを使いましょう。

ワイシャツにはボタンがついていたり、えりの形状が特徴的だったりするので、洗濯ネットに入れればそれらを保護しながら洗うことができです。

入れるときは、売っているときのようにたたみます。さらにその形のまま、ネットに収納します。

洗濯ネットは編み目が細かく、平べったいタイプがおすすめですよ。また、サイズはワイシャツよりも少し小さいモノを選ぶといいでしょう。

余裕があるとネットの中でワイシャツが動いてしまい、洗濯が終わるころにはぐしゃぐしゃになってしまいますよ。

漂白剤で白く、柔軟剤でシワをつきにくく

ワイシャツの洗濯には漂白剤と柔軟剤、どちらも入れるのをおすすめします。

ます漂白剤ですが、酸素系漂白剤を使いましょう。準備物の項目でもご説明しましたが、粉末タイプがおすすめです。

なぜなら液体タイプより洗浄力が高く、ワイシャツがより白く仕上がるからです。

できたら水温を高く(30~40℃)して、粉末がよく溶けるようにするともっと漂白力が強まりますよ!

また柔軟剤もお使いになった方がいいです。これは好みが分かれるのですが、柔軟剤を入れないと「パリッ」とした着心地になり、入れると柔らかい仕上がりになります。

ワイシャツだから「パリッ」としている方がいいんじゃない? と思われるかもしれませんが、それはシワが目立ちやすいという弱点でもあります。

柔軟剤を入れれば肌触りがよく、自然なハリのあるワイシャツに洗い上げることができるので、個人的にはそちらをおすすめしています。

デリケートコースで

ワイシャツを洗濯機で洗うときは、「デリケートコース(ソフト洗いコース、手洗いコース)」を活用するといいでしょう。

おだやかな水流でやさしく洗ってくれるので、ワイシャツがネットの中で動かずに、平和に洗い上げることができます。

洗い終わったらなるべく早く干すようにしましょう。いつまでもネットの中に入れておくと、その形でシワがついてしまいますよ。

また、干す際はワイシャツを叩くようにして、シワを伸ばしながらハンガーにかけることを心がけてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? お家でもワイシャツが問題なく洗えることが分かりましたね。 クリーニング代の節約にもなりますので、ぜひ今日から試してみてくださいね!

宅配クリーニング

宅配クリーニング
人気の料金比較ランキング
メニュー