洗濯の時の柔軟剤!香りをより残すためにどうしたらいい?

ホーム ≫ お洗濯の時の柔軟剤!香りをより残すためにどうしたらいい?

洗濯の時の柔軟剤!香りをより残すためにどうしたらいい?

柔軟剤は香りで選ぶという方も多いですよね。たしかにお洋服からお気に入りの香りがすると、気分が上がります。

ただし、いつも上手に香りが残るわけではありませんよね。同じように洗ったつもりなのに、香りが残るときと残らないときがあります。

どうして、香りが残ったり残らなかったりするのでしょうか? その答えは、「お洗濯の方法」と「柔軟剤の使い方」にありました。

今回は、柔軟剤の香りをより残すためのコツをご紹介します。

①適量と投入方法を守る

まず、柔軟剤は適量を守りましょう。香りをたくさんつけたいからといって、必要以上の柔軟剤を投入することはおすすめできません。

なぜなら、水に溶ける液剤(粉末)の量は決まっているからです。

そのため、多く入れても意味がない上に、溶け残りの柔軟剤が衣類に付いて、白く残ってしまいますよ。

次に、柔軟剤の投入も正しく行いましょう。
全自動やドラム式洗濯機の場合は専用の柔軟剤投入口へ、二槽式洗濯機の場合はすすぎが終わったころ~脱水が始まる前に柔軟剤を投入するようにしてください。

柔軟剤は、洗剤と一緒に投入したり、早すぎるタイミングで投入すると効果が発揮されません。

なぜかというと、洗剤と混ざるとお互いの働きをつぶし合ってしまうからです。

「いつも、柔軟剤の香りが残らないんだよね・・・」という方は、ぜひ気をつけてみてくださいね!

②洗剤はあえて無香料を選び、柔軟剤の香りを邪魔しないようにする

柔軟剤の香りを引き立たせるために、洗剤はなるべく無香料のものを選ぶようにしましょう。

香りは、後から入れたモノが残りやすいとされていますが、先に入れる洗剤の香りが強すぎると、柔軟剤の香りがブレてしまいます。

また、柔軟剤の香りにも強弱があります。同じシリーズでも種類によって強さが違ったりしますので、ぜひパッケージをチェックしてみてくださいね!

③汚れがひどいときは、ぬるま湯でしっかりと洗濯する

香りを残すためには、洗濯物の汚れがきちんと落ちていることが大切です。

洗濯物の汚れがきちんと落ちているということは、洗濯物から匂いがしなくなるということでもあります。

そもそも柔軟剤の香りは、洗濯物の匂いをごまかすためのものではありません。(匂いをごまかすための商品は、スプレータイプの衣料用芳香剤ですね)

そのため、汚れた衣類はぬるま湯でしっかりと洗濯をし、柔軟剤だけが香る状態へと整えるようにしましょう。

④脱水しすぎると香りが飛ぶので、脱水は3分でストップする

脱水時間をわざと短くすることで、柔軟剤の香りが残りやすくなります。

一般的な全自動洗濯機の脱水時間は5~6分ですが、これはかなり念入りで、長めの脱水だといわれています。そのため、脱水は手動でコントロールすることが大切です。

必要以上の脱水は衣類を傷める原因になりますし、柔軟剤の香り成分も飛んでしまいますよ。

具体的には、脱水が始まったら3分くらいで「中止ボタン」を押して洗濯物を取り出すとよいでしょう。

しかも、これは気温が低い冬の場合で、夏は洗濯物がよく乾くので、1分くらいでも大丈夫ですよ。

⑤部屋干しすると香りが残りやすい

柔軟剤の香りを残したいならば、部屋干しがおすすめです。屋外干しは直射日光と風で香りが空中に飛んでしまいますよ。

また、乾燥機は自然乾燥よりもふんわりとした仕上がりが魅力的ですが、高温と摩擦で香り成分が飛んでしまうので、香りを残したい場合はあまりおすすめできません。

たとえ部屋干しでも、部屋の温度を高めに設定することで、ふんわりとした仕上がりと柔軟剤の香り、どちらも手に入れることができますよ!

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 柔軟剤は、ちょっとしたお洗濯のコツでより上手に使いこなせそうですね。

強すぎる香りは周りの人の迷惑となる場合もあるので、そこだけ注意してくださいね!

宅配クリーニング

宅配クリーニング
人気の料金比較ランキング
メニュー