布団にはダニがいっぱい! どうやって退治すべき?

ホーム ≫ 布団の宅配クリーニングTOP ≫ 布団にはダニがいっぱい! どうやって退治すべき?

布団にはダニがいっぱい! どうやって退治すべき?

毎日の睡眠に欠かせない布団。でもそこはダニにとって居心地の良い場所でもあります。布団のお手入れを怠ると、ダニによるアレルギーやぜんそく、肌トラブルにつながることも…。今回は布団に潜むダニについて、布団のお手入れ方法と合わせて紹介したいと思います。

布団に潜むダニとは?

布団にはダニが生息しやすいことをご存知ですか?

ダニにとって快適で繁殖しやすい環境は、温度が20~30℃、湿度が60~75%と言われています。布団は私たちの体温や汗によって、ダニにとって居心地が良い環境になっているのです。

一説には、一枚の布団の表面には約360匹、布団内部の中綿には約27万5000匹ものダニがいると言われています。考えるだけで鳥肌ものですね。

布団にどんなダニがいるかというと、主に「チリダニ(ヒョウヒダニ)」という種類です。人を刺すことはありませんが、人のフケやアカなどをエサに生きていて、このダニの死骸やフンがアレルギーやぜんそくなどの原因になります。ほぼ1年中、家に生息していて、じゅうたんなどにも住みつきます。

もう一つは「ツメダニ」という種類。チリダニなどをエサにしているので、チリダニが多いとツメダニも多くなります。人の血を吸うことはありませんが、間違って人を刺すこともあり、皮膚のトラブルの原因になります。このダニは梅雨時や秋口に増えやすく、8~9月に被害が多くなります。

ダニによる人体への影響

ダニがなぜ嫌われているかというと、ダニが原因でアレルギー症状が引き起こされる可能性があるから。ダニそのものというよりは、ダニの死骸やフンが原因となります。とくにチリダニが主な原因となっていることが多いようです。

ダニによるアレルギー症状は、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎などが挙げられます。どの症状もつらいものばかり。一度症状が出てしまうと、なかなか完治しにくかったりと体への負担も少なくありません。

また、ツメダニに刺された場合は、肌が赤くはれてかゆみが1週間程度続くことも。布団や畳に接していた肌の柔らかい部分(二の腕の内側、お腹、腰、太ももなど)が刺されやすいので、気を付けましょう。

布団のダニを取り除く方法

布団の中に生息するダニを取り除くには、どうしたら良いのでしょうか?

「布団を天日干しにする」「こまめに掃除機をかける」という方法は、ダニの繁殖を抑える、ダニの死骸やフンを除去するという点では一定の効果があるようですが、根本的な解決策にはなりません。

ダニを死滅させるには「熱」がポイントになります。50℃の熱なら20~30分、60℃の熱なら瞬間で死滅すると言われているので、熱でダメージを与えるのが最善策です。 ただし問題は「どうやって布団に熱を与えるか」ですよね。

簡単な方法は、コインランドリーの乾燥機を利用すること。55℃以上になるものがほとんどなので、布団も利用できるコインランドリーがあれば利用してみましょう。

ほかにも、布団乾燥機を使って布団を高温にする、スチームアイロンを丁寧にかける、夏場なら炎天下の日に車中のダッシュボードに置いて高温にするといった方法があります。ただ、どの方法も手間がかかるのが難点。また、布団の種類によってはこれらの方法が合わないこともありますので、布団の洗濯情報のタグなどをチェックしてからにしましょう。

ラクに布団を清潔にしたいなら丸洗いサービスが便利!

布団のダニを死滅させたくても、車を持っていない方、コインランドリーに布団を運ぶのが大変という方、手間をかけずにキレイにしたいという方もいらっしゃると思います。 そんな方におすすめしたいのが、宅配クリーニング店による「布団の丸洗いサービス」です。

「布団の丸洗いサービス」は、布団を自宅に集荷・お届けしてくれるので、布団をどこかに運ぶ必要がありません。また、クリーニングのプロが布団を洗い、しっかりと乾燥・仕上げまでしてくれるので、心地よい仕上がりになって戻ってきます。

気になる料金ですが、1枚のみの場合は6000円~7000円程度が平均的です。何枚かまとめて申し込めば、1枚あたり3000円台でクリーニングできる会社もありますよ。

ダニ防止加工のオプションがある会社や、毛布やその他寝具のクリーニングを扱っている会社もあるので、希望に合った宅配クリーニング店を選んでくださいね。

布団の宅配クリーニング 人気ランキング&口コミはこちら>>

宅配クリーニング

メニュー