ドライクリーニングについて

ホーム ≫ ドライクリーニングについて

クリーニング屋のドライクリーニングとは?

家庭では洗濯することができない衣類などをクリーニング屋に依頼することも多いです。一般的にクリーニングというと、ドライクリーニングを想像するという人がほとんどだと思いますが、そもそもドライクリーニングとはどのようなものなのでしょうか。

ドライクリーニングとは、1830年頃にフランスで開発されたクリーニング方法です。水で洗うと型崩れや縮み、色落ちなどが発生する衣類を、水の変わりに「有機溶剤」という専門のものを使うことによって衣類への悪影響を最小限に抑えた洗濯方法として広まりました。

この「有機溶剤」とは、石油や灯油、ガソリンなどと同じような溶剤のことで、クリーニング専用に作られた溶剤によって洗濯されます。

ウールの背広やレーヨンのブラウスなどは、普通に水で洗ったりすると縮んだり型崩れしたりしまうことが考えられますが、この有機溶剤で洗うことで縮みや型崩れを防ぐことができます。

縮みや型崩れを防いでくれるだけでなく、有機溶剤は油汚れにも適しています。油汚れと言われるとピンと来ないかもしれませんが、衣類の汚れのほとんどは人間の体から出る皮脂汚れであったり、排気ガスなど大気の汚れからつく油汚れと言われています。

目には見えませんが、日々の生活で油汚れは着々とついていっています。有機物質は油汚れを落としてくれるので、その油汚れに付着したススやほこりなどのすっきりと落とすことができるということも特徴です。

ドライクリーニングのメリットはどのようなことがあるのでしょうか。まずは水に弱い性質の衣服も洗うことができるということです。水につけることなく洗濯することができ、機械などによって遠心力がかけられることもないので、型崩れをすることもありません。

衣服を傷めることなく優しく洗うことができるので、大切な衣服が長持ちするということも大きなメリットです。
また、汗をかいた時は汗抜きなどをしっかり行うことも大切です。

宅配クリーニング

メニュー