正しい洗濯の仕方をマスターしよう。失敗しない洗濯テクニック

ホーム ≫ 正しい洗濯の仕方をマスターしよう。失敗しない洗濯テクニック

正しい洗濯の仕方をマスターしよう。失敗しない洗濯テクニック

白いシャツへの色移りやセーターの型崩れなど、洗濯での失敗に「トホホ…」となった方も多いのではないでしょうか。

家事は学校や会社で教わるものでもないため、失敗しながら覚えていくのもいいですが、できたら正しい方法を覚えておきたいですよね。

そこで今回は、一度基本に戻って、正しい洗濯の仕方を一緒に学んでいきましょう。

失敗しない洗濯のテクニック『4つのチーム分け』

家で洗えるチーム

まずはじめに、家で洗える洋服なのか確認しましょう。方法は、タグの「取り扱い絵表示」を見ます。

最初に注目するのは、洗濯マークです。そこに「×」がある場合は要注意。
洗濯機も手洗いもできませんよ」を意味しますので、クリーニング屋さんに持っていくことをおすすめします。

ただし「手洗イ」という表示がある場合は、気をつければ家で洗えるので、詳しくはこちらをご覧くださいね。

その次に、ドライマークにも注目しましょう。
ドライは本来クリーニング屋さんでしかできない洗濯技術なので、自宅で洗ってしまうと大変です!

ドライに関しては、洗濯マークとの組み合わせで見分けます。

洗濯マークに×があるが、ドライマ―クにはない。

ドライしか対応していないので、プロにお願いするのが無難です。

洗濯マークもドライマークも×がない。

普通の洗濯もドライもOKという意味なので、自宅での洗濯ができます。こちらも詳細はこちらで。

家で洗えるチームのPOINT:
取り扱い絵表示の洗濯機のマークを確認する。
→衣類縮みなどの失敗を防げる。

デリケートチーム

先ほど、取り扱い絵表示の話をしました。手洗イやドライなど、「家で洗えるけどちょっと気を遣ってね」というグループがありましたね。

それらは通称「おしゃれ着」と呼ばれます。麻やウール、カシミヤなどの繊細な素材を使っているのが特徴です。

おしゃれ着には、「おしゃれ着用洗剤」と呼ばれる中性洗剤をお使いください。

それらは通常の弱アルカリ性洗剤と比べて洗浄力は弱めですが、デリケートな衣類もやさしく洗い上げてくれます。

それと、もしも洗濯機に「手洗いコース(ドライコース)」があったら、そちらも活用しましょう。
おだやかな水流でソフトに洗ってくれるので、おしゃれ着のお洗濯と相性が良いですよ。

デリケートチームのPOINT:
取り扱い絵表示の「手洗イ」「ドライ」に注目する。
→衣類縮みなどの失敗を防げる。

色落ちチーム

家で洗えるものとデリケートなものをチーム分けしましたね。

家で洗えてデリケートでもないけれど、注意するべき洋服があります。それは、色柄モノです。ジーンズなどが代表的ですね。

初めて洗う色柄モノは色落ちチェックをしましょう。お手持ちの白いタオルに洗剤の原液をつけ、裏地の目立たない部分にトントンし、タオルに色がにじまなければOKです。

もしべったりと色がつくようなら、漂白剤を入れず単品で洗いましょう。心配ならプロに任せるという手もありますよ。

色落ちチームのPOINT:
初めて洗う色柄モノは色落ちチェックをする。
→色移りなどの失敗を防げる。

洗濯ネットチーム

最後になりますが、洗濯ネットに入れる洋服を仕分けしましょう。具体的には次のようなものです。

  • ニットやセーターなど型崩れしやすいもの
  • ボタンやビジューなど繊細な飾りが付いているもの
  • ブラウスやドレスなど素材がデリケートなもの

洗濯ネットに入れることで水流による他の衣類との摩擦を防ぐことができます。

そのためデリケートな洋服はもちろん、洗濯ネットは自己判断で積極的に活用するようにしましょう。

洗濯ネットチームのPOINT:
型崩れや飾りなど、摩擦に弱そうな洋服を仕分ける。
→衣類の型崩れや破損などの失敗を防げる。

まとめ

いかがでしたか? 失敗しないお洗濯には4つのチーム分けのプロセスを踏むことがポイントでしたね。

初めのうちは難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると自然にできますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

宅配クリーニング

メニュー