冬物のクリーニング

ホーム ≫ 冬物のクリーニング

冬物のクリーニング

冬物は自宅では洗濯できないものも多いので、クリーニングに出す人もおおいでしょう。ですが、何から何まですべての冬物をクリーニングに出してしまってはとても費用がかかってしまうので、品質表示や、タグなどを見て自宅で洗えるもの、洗えないものに分けるといいです。

ニットやセーター関係は普通の洗濯用洗剤で洗ってしまっては縮んでしまうことも多いので注意です。ホームセンターなどでホームクリーニング用の洗剤を購入して手洗いするなどの方法が必要です。

また、洗濯機の機能で手洗い用というのがある場合はそれで対応してもいいですが、洗濯用のネットに入れて丁寧に扱いながら洗濯することが大事です。手洗いしたほうがいい洋服に関しては冷たい水よりもぬるま湯を使ったほうが汚れの落ちもいいのでおすすめです。

そして、冬物で必ずクリーニングに出したほうがいいのがジャケット、コート類です。値段も高いですし、自宅ではうまく洗えないことがほとんどです。

ダウンジャケットなどはお風呂場で洗うという方法もありますが、中の綿が崩れてしまったり、抜けてしまうこともあるので、きちんと冬物クリーニングに出したほうが最適でしょう。

また、洋服同様、冬物の毛布もクリーニングに出してからしまうといいです。天気のいい日に外に干すようなことがあっても、汚れまでは綺麗にとれないので、クリーニングに出すことで来年の冬も気持ちよく使うことができます。

日常的に着るようなセーター、ニット類は一年でだめになってしまうようなことも多いので自宅での洗濯でもかまいませんが、長く使用していくようなジャケット、コート類はクリーニングに出して長持ちさせるといいでしょう。

ボアや毛が付いているようなコート類は、取り外しができるものであれば、きちんと取り外しをしてからお願いしましょう。ボアや毛などの付属品は別料金がかかることが多いので、自宅で洗えるものであればわけて頼んだほうがお得です。

宅配クリーニング