自宅でもできる!帽子のお手入れ方法

ホーム ≫ 自宅でもできる!帽子のお手入れ方法

自宅でもできる!帽子のお手入れ方法

汚れやすいアイテムながら、なかなかお手入れがしにくい印象の帽子。毎日とは言わずとも、定期的にケアをして、長く愛用したいですよね。今回は自宅でできる帽子のお手入れ方法を紹介します。

洗える帽子の見極め方

帽子は丸洗いできるものと、できないものがあります。洗濯表示のタグがついている場合は、タグをチェックして表示に従うようにしましょう。

基本的に自宅洗いできる素材は、綿、ニット、ポリエステルの素材のもの。型崩れしにくい帽子や、折り畳みが可能な帽子、保育園・幼稚園・小学校で使用する帽子なども洗濯が可能です。ウールは手洗いなら可能なタイプもあります。

自宅洗いが難しいのは、レザー、ファー、合皮、麻、フェルト、ラフィア(麦わら帽子)などの帽子。丸洗いはできないので、部分的なケアをしてきれいにします。

自宅で洗う時の注意点

自宅で洗える帽子の場合は、部分汚れを落としてから洗濯をしましょう。とくに、肌と接する部分は汗じみやファンデーションで汚れやすい部分です。

汗じみの場合は、ぬるま湯につけてやさしく揉み洗いをしましょう。汚れが強い場合は、中性洗剤(キッチンの食器用洗剤でも可)で洗うか、酸素系漂白剤でつけ置き洗いをします。酸素系漂白剤を使う場合は、色落ちしないように目立たない部分でテストしてからにすると安心です。

ファンデーションの汚れがついている場合は、メイク落とし用のクレンジングを使って部分洗いをしておきます。

部分洗いをした後は洗濯へ。洗濯機で洗う場合はジャストサイズの洗濯ネットに入れて、弱水流(ドライコースや手洗いコース)で洗いましょう。

手洗いの場合は、洗面器や桶に水を張り、洗剤を溶かして、帽子を入れてやさしく押し洗いをします。型崩れしやすい帽子は変形しないように力加減に気を付けながら洗いましょう。

型崩れさせずに乾燥するポイント

洗い終わった後は、帽子が型崩れしないように乾かすことが大切。洗濯機で洗う場合は、脱水をしないで自然乾燥をする方が、型崩れ防止になります。ただし、時間がかかるので晴れていて洗濯物が乾きやすい日を狙って洗うのがベストです。

型崩れを防ぐには、帽子の形状を整えながら乾かしていく方法がおすすめ。調理用のザルで帽子のサイズに合うものがあれば、ザルに帽子をかぶせて干すときれいに仕上がります。ザルは網目状になっているので、通気性が高いのもポイントです。ザルが無い場合は、タオルを何枚か折りたたんで帽子の中に詰めて、形を整えながら乾かす方法もあります。

乾かす時は平らな場所に置き、日焼けで色あせてしまわないように陰干しにしましょう。

洗えない帽子のお手入れ方法

洗えない帽子の場合、まずは軽く叩いたり、ブラッシングをしてホコリを落とします。そして、タオルを固く絞ったもので、肌と接する部分を丁寧に拭いていきます。

フェルト生地の帽子はホコリがつきやすいので、こまめにブラッシングをしてお手入れを。また、水に弱いので要注意です。ちょっとした汚れは消しゴムで落ちる場合もあるので、試してみましょう。

麦わら帽子などのラフィア素材の帽子も水に弱いのが特徴。取り扱いには注意しましょう。
洗えない帽子は、なるべくこまめにお手入れをして、汚れが蓄積しないように注意したいですね。

肌に当たる部分の汚れがひどい場合は、その部分だけを取り替えるという方法も。帽子のメーカーや専門店に問い合わせてみましょう。

宅配クリーニング

メニュー