敷布団の洗い方とは?家庭洗いやコインランドリー利用時のポイントをチェック

敷布団は毎日寝る時に使用しますし、直接肌に触れますね。
こまめに洗濯して、清潔な状態を保ちたいです。

では皆さんはどのように敷布団を洗っていますか?
ここでは敷布団の家庭での洗い方を解説していきます。
また、コインランドリーを利用する際の注意点もまとめて紹介します。

敷布団は定期的に洗濯するべき!その理由を徹底解説!

皆さんは敷布団のお手入れはどのように行っていますか?
天日干しをしたり、布団クリーナーを使ったりする人が多いでしょう。

実は敷布団は晴れた日に干すだけではなく、洗濯もした方がよいのです。
ここでは敷布団を洗濯した方がよい理由についてまとめてみましょう。

寝ている間に汗をかいている

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかくと言われています。
その汗を敷布団も毎日吸収しているということ。
また、毎日使うと目に見えない汚れも蓄積されています。

ダニやカビが繁殖している

敷布団にはダニやカビが繁殖しやすいです。
ダニは人のフケや垢をエサにして繁殖するため敷布団は絶好のエサの宝庫。
またダニもカビも湿気を非常に好むため、汗を吸った敷布団は繁殖しやすい環境です。

さらにダニの糞や死骸は、アレルギーの原因にもなります。
天日干ししただけではダニやカビを完全に殺すことができません。
そのため、定期的に洗濯するのが理想的でしょう。

敷布団は自宅で洗えるの?洗濯機で洗える?

敷布団が自宅で洗えるかどうかを確認するために、まずは洗濯表示チェックします。
自宅で洗える洗濯機は洗濯表示が「手洗い可」「洗濯機可」となっているものです。

羽毛やポリエステルの素材であれば基本的には洗えます。
しかし、真綿布団、羊毛布団の敷布団は洗えません。
またウレタンなどの仮反発素材は洗濯不可。

「手洗い可」「洗濯機可」の敷布団を自宅で洗う場合、手洗いが基本になります。
洗濯機で洗いたい!と思うかもしれませんが、サイズ的に難しいでしょう。

手洗いでの敷布団の洗い方

ここでは敷布団の手洗い方法をまとめてみましょう。

1、敷布団のほこりを落とす

2、ロール状にくるくると丸めて紐でくくる

3 おしゃれ着用の中性洗剤を入れる

4、洗剤を溶いたお湯の中に入れて30分~1時間程度浸け置きする

5、足で踏みながら汚れを落し出していく(踏み洗い)

6、布団をひっくり返してもう1度踏み洗いする

7、汚れが出なくなったら浴槽のお湯を抜く

8、泡がなくなるまでシャワーですすぐ

9、浴槽のフチにかけた状態で脱水する(無理に押したり踏んだりしない)

8、物干し竿に掛けて干す(物干し竿2本でM字干しするのが理想的)

9、片方が乾いたら裏返して、もう片方もしっかりと乾かす

敷布団は他の洗濯物に比べて大きいので洗うのが難しそうですが浴槽で洗えます。
ただ乾燥には時間がかかるので晴れた日に洗うようにしましょう。
完全に乾かすためには2~3日は必要です。
晴れが続く日を狙って洗うようにしたいですね。

コインランドリーでの敷布団の洗い方

自家用車がある場合はコインランドリーを利用するのがおすすめ。
ここではコインランドリーでの洗い方をまとめてみましょう。

1、敷布団の大きさに合わせてドラムサイズを選ぶ

2、縦長のロール状にして紐でしっかりと結ぶ

3、ドラムの中に入れる

4、おしゃれ着用中性洗剤を入れて洗濯をスタートする

5、洗濯し終えたら、くくっていた紐を外す

6、乾燥機に入れる(乾燥機のサイズは大きめの方が乾きやすい)

乾燥機を使う場合、運転中に一時停止できる場合は途中で裏返しましょう。
そうすることで乾きが早くなり、綺麗に乾きますよ。

コインランドリーを使用する際の注意点とは?

コインランドリーを使用する際の注意点をまとめてみましょう。

設備を確認しておく

コインランドリーによって設置してある洗濯機の種類は異なります。
敷布団を洗える洗濯機が置いてあるか?を事前に確認おきましょう。

洗濯表示を確認する

洗濯可や手洗い可の洗濯表示であればコインランドリーを利用できます。
ポリエステルや羽毛布団であれば基本的には洗濯できますよ。

ただ洗える素材であってもキルティング加工のない敷布団は要注意。
キルティング加工していない布団は洗濯によって型崩れしてしまう可能性があります。

ドラムサイズはシングル布団であれば15kg前後

敷布団の大きさによって、使用するドラムのサイズは違います。
シングルサイズであれば15kg前後のドラムサイズが目安です。

洗剤はおしゃれ着用中性洗剤を使用しよう

敷布団など布団系の洗濯は、洗剤はおしゃれ着用中性洗剤を使用しましょう。
中性洗剤を使用することで、布団の生地を傷めずに洗えますよ。

最低でも1時間は乾燥機にかける

敷布団は生地が厚いので、しっかりと乾燥させる必要があります。
1時間は乾燥をかけるようにしましょう。
乾きが甘いと生乾きの状態になりカビやダニが繁殖してしまいます。
少し時間を多めにして入念に乾かすことがポイントです。

敷布団の素材によっては保護カバーを使おう

キルティング加工していない敷布団を洗うと中の素材がずれてしまいます。
そこでキルティング加工のない敷布団は、保護カバーを使って洗濯しましょう。
保護カバーはコインランドリーの店舗に置いてある場合もあります。

手間がかかる敷布団の洗濯はクリーニングが楽

敷布団は自宅で手洗いすることができます。
またコインランドリーを利用すれば、手軽に洗うことができるでしょう。

しかし自分で洗うのは面倒ですし、コインランドリーに行けないという人もいるはず。
そんな方にはクリーニングがおすすめ。
宅配クリーニング「クリラボ」であれば、自宅にいながら依頼できるので便利ですよ。

まとめ

敷布団は自宅で手洗いでき、コインランドリーを使えば乾燥も手早くできます。

しかし大きな敷布団を洗濯するのはとっても面倒です。
もっと手軽に洗濯したい場合にはクリーニングがおすすめ。
宅配クリーニングを利用すれば自宅にいながら敷布団を綺麗に洗濯できますよ。

宅配クリーニング

宅配クリーニング編集部 関連ブログ記事

メニュー