布バッグのクリーニングで汚れを落とすポイント

布バッグを普段使いしている人は多いでしょう。
軽くて丈夫な布バッグは、エコバッグとして利用する人もいますよね。
利用頻度が多い布バッグはどうしても汚れがちです。
では、布バッグ汚れた場合、皆さんはどうしていますか?
自宅で洗う場合もあれば、クリーニングに出す場合もあるでしょう。

ここでは、布バッグを自宅で洗う方法をまとめていきます。
汚れの落とし方なども紹介するので、参考にしてくださいね。

布バッグを洗う前には洗濯表示をチェックしよう

布バッグが汚れた場合、自宅で洗えたら楽ですよね。
持っている布バッグが自宅で洗えるかどうかは、洗濯表示でチェックします。
布バッグの内側には洗濯表示のタグが付いているので、確認してみましょう。

「洗濯おけ」や「手洗い」の記号がついていれば、自宅で洗うことができます。

「洗濯おけ」に×マークがついている場合、水洗いすることができません。

この場合、自宅で洗うことはできないので、クリーニングを利用しましょう。
基本的に、布バッグはコットン(綿)素材になるので、水洗いができますよ。

布バッグの洗い方をレクチャー

布バッグはコットン(綿)素材になるので、手洗いと洗濯機、どちらでも洗えます。
ここでは、手洗いと洗濯機を使った洗い方の2つをご紹介しますね。

手洗いの場合

1.布カバンの洗濯表示をチェックする

2.表示に従った温度の水に、少量のおしゃれ着用中性洗剤を加える

3.口を空けた状態の布カバンを入れて、押し洗いをする

4.目立った汚れがある場合は、歯ブラシでこする

5.洗った後は2~3回すすぎ、泡が出なくなるまで洗剤を流す

6.タオルで包み込み、上から軽く押して水分を取り除く

7.シワを伸ばすように、縦横にひっぱり形を整える

8.形を整えて、風通しのよい場所に日陰干しをする。
この時、ピンチハンガーで逆さの向きにして干す。

洗濯機を使用する場合

1.布バッグを開けた状態にする

2.布バッグのサイズに合った洗濯用ネットの中に入れる

3.おしゃれ着用中性洗剤を少量入れて、「ドライコース」を選択する

4.洗濯が終わったら、縦横にひっぱり、シワを伸ばしていく

5.風通しのいい日陰に、逆さの向きにして干す

布バッグを洗う時の注意点とは?!

布バッグは自宅で洗いやすいバッグになりますが、いくつか注意点があります。
ここでは布バッグを洗う時の注意点やポイントをまとめてみましょう。

シワになりやすい&色落ちしやすいため、素早く洗おう

コットン(綿)素材の布バッグは洗うとシワになりやすいです。
手洗い、洗濯機どちらの洗い方でも素早く行うようにしましょう。

洗った後は、シワが残らないように縦横にしっかりとひっぱります。
また、短時間で洗い上げることで布バッグの色落ち防止にもつながりますよ。

脱水機は使用しない方がよい

脱水機を使用すると布バッグはシワになりやすく、型くずれの原因にもなります。
できるだけ脱水機は使用せず、タオルドライでの脱水がおすすめです。
タオルドライをすれば無駄なシワがつかず、型くずれも防止できますよ。

洗剤はおしゃれ着用中性洗剤がおすすめ

布バッグを洗う時には、ダメージを与えにくいおしゃれ着用中性洗剤がおすすめ。
とくにダメージケアに特化したタイプは、高浸透ダメージケア組成になっていて、伸び、ヨレを整えてくれますよ。
また、洗濯時の色あせ、型くずれも防げるので綺麗に洗い上げることができます。

バッグの持ち手など汚れがひどい部分は前処理をしよう

布バッグの持ち手などは汚れやすい部分です。
汚れがひどい部分には、手洗い、洗濯機洗いをする前に前処理をしておきましょう。
おしゃれ着用中性洗剤を直接、汚れた部分につけて歯ブラシなどでたたき洗いします。
前処理をしておくだけで、汚れが格段に落ちやすくなります。

お湯だと色落ちする場合があるので水で洗う

布バッグにプリントしてあるものだと、お湯で洗うと、色落ちしてしまうかもしれません。
布バッグを洗う時は、お湯ではなく水を使いましょう。

洗う前にはバッグの内側のゴミを取り除く

バッグの中には小さいゴミやほこりが入っている場合が多いです。
洗う前には、バッグの中身をすべて取り出し、ほこりやゴミも取り除きましょう。

プリントされた布バッグは裏返しにして洗う

プリントされた布バッグは、そのまま洗ってしまうとプリントが剥がれる場合があります。
プリントが剥がれないようにするために、布バッグは裏返しにして洗うとよいでしょう。

洗うのが難しい布バッグはクリーニングに出そう

布バッグは基本的には自宅で簡単に洗うことができます。

しかし、中には飾りなどがついていて洗うのが難しいバッグもあるでしょう。
無理に洗うと、型くずれしたり、色落ちしたりとトラブルにつながることも…。
特に大切な布バッグに関しては、無理をせずにクリーニングに出した方が安心です。
クリーニングに出すと、ドライクリーニングで丁寧に洗い上げてくれますよ。

宅配クリーニング

宅配クリーニング編集部 関連ブログ記事

メニュー